横浜大六天道院

  • 見学随時
  • お問合せ

少年の部

少年部の運動

 年令に応じた運動というものが有ります。幼児から小学生までの少年部の修練では多様な運動パータンをこなすことを主眼としています。

ではどんな動作があるのでしょう。そのように考えるとき、いろいろな提唱が行われているのですが、著名なものとして以下のような提案があります。

 少林寺拳法は主に二人で技を掛け合い練習します。また技だけではなく多くの動作もふたりまた複数人で行います。これはコミニュケーション能力の獲得につながるのはもちんですが、何よりも運動パターンの拡充に大きく役に立ちます。

 少林寺拳法には打つ・組むといった他のスポーツでは難しい動作はもちろんのこと、修練の中にいろんな運動を意識的に組み込んでいますので多くの基本動作を行えます。また裸足による足裏刺激は身体と脳に良い刺激を与えます。

 もろちんすべての動作を行えるという驕りをもっているわけではありません。漕ぐや泳ぐといった動作のようにできないこともあります。しかし少林寺拳法は比較的多様な運動パターンを備えています。

 転んだら手を付ける、転んでも頭を打たないといったことだけではなく、複数の動作が同時に行える、また力の入れ方や、力の通し方といった武道ならではの技術も学んでほしいなと考えています。

 最後に、いろいろと書きましたが、結局は楽しんでもらうことが大切です。子供が少林寺拳法に行くことを楽しみになる、そうんな修練を行います。
 保健体育として、少林寺拳法のための動きづくりではなく、すべての運動の基礎づくりになることを目指してメニューを組み立てています。

少林寺拳法はけっしていちばん大切なことではない

 少林寺拳法にも競技として行う大会がありますが、その大会は熾烈な競争が行われているわけではありません。少林寺拳法は競技レベルが高いスポーツではありません。ここでいう競技レベルが高いとは、トップを目指すのであれば選手の素質以外にも指導者・家族のバックアップ・練習環境・資金調達等々が高いレベルで求められる競技のことです。日本で言えば野球や柔道が代表的でしょうか。

 少林寺拳法はアスリートスポーツではなくどちらかというとレクリエーションスポーツです。多くはアマチュアで、少林寺拳法以外にメインとなる社会生活を持っています。もちろんアスリートスポーツにはアスリートスポーツの良さもありますが、横浜大六天道院が目指しているのはこれではありません。
 どうして社会人になってから気軽にスポーツを始めることができない人が多いのでしょうか。それは小さい頃からスポーツは全力で取り組まなくてはならない、という観念が強く持ってきたからです。体育の授業がそのように行われてきました。上手にプレイし速く走ることを求められてきました。そのうよなスポーツもいいでしょう。しかし必ずしも万人がそれを求めているわけではありません。スポーツでの勝敗や記録が万人の人生での目標というわけではありません。
 子供達に、「運動は楽しいものだ」「身体を動かすことは楽しいことだ」という想いを持って大人になってほしい。軽くても継続的な運動習慣は、人生において学力・学歴と同じくらい価値のあるものを子供に身につけることができる大切なことではないか。そのように考えています。

  • 競技の勝敗よりも運動を楽しみたい、運動の習慣をつけたいというお子さん
  • 運動が苦い手でも無理なく楽しく継続したいお子さん
  • 運動に感心があるが、アスリートとしてがっつりとまでやらせたいわけではないお子さん
  • 気軽に体を動かせる場がほしいお子さん
  • 基礎的な体力を養成し、その後のスポーツライフの幅を広げてあげたいお子さん
  • 横浜大六天道院の少林寺拳法でもっとも重要視していることは、人との付き合い方や社会での立ち居振る舞い、物事の捉え方や取り組み方といった人間性の部分です。その次に学業(学恋生活)、さらにその次に少林寺拳法です。少林寺拳法が上手くなることだけを目標とはしていません。

    安全面について

     成長期にある子供たちに対して、健全な成長の妨げになる修練は行いません。例えば関節を逆に捕る、上段(顔面)への殴打などが代表的です。
     特に顔面のへの直接加撃は行わいな方針です。道院長笹本の考えでは、顔面への打撃はリスクが大きいのです。近年ルールや防具の開発が進んではいますが、首や脳への影響を考えれば不十分だと考えています。
     近年はサッカーでも若年層のヘディング練習を避けています。少林寺拳法ではボールではなく拳が当たるのです。頭部への衝撃は外傷だけではなく脳機能にも影響があります。また永久歯に生え変わる顎の骨格は大変もろいものです。

     顔面、上段の練習は格闘の術としてはとても大切なものです。成長期にちゃんと基礎体力、基礎技術を養っておけば、中高生になってから導入しても比較的早く対応できるようになります。

    その他

  • 横浜大六天道院では、保護者のサポート・お手伝いを日常的にお願いすることありません。
  • 修練の見学は自由です。途中退出も自由です。また写真撮影も他の拳士の修練の妨げにならない範囲であれば可能です。
  • tel電話でご連絡

    Lineでご連絡

    メールでご連絡