横浜大六天道院

  • 見学随時
  • お問合せ

剛法と柔法

 剛法とは、「突き」「蹴り」「打ち」「切り」や、「かわし」「流し」「はじき」「「受け」といった技術です。柔法は「抜き技」「逆技」「投げ」「守法」といった技術です。 少林寺拳法は剛柔一体の技法です。剛法と柔法はそれぞれを補い合ってより効果的な力を発揮します。

 少林寺拳法の剛法は飛燕の連攻と言われ、素早い連続攻撃が特徴です。それは現代の徒手格闘では必須の技術であるコンビネーションととても相性のいいスタイルです。剛法は主に相手に接触するまでの技術がであり、より有利なポジションを得ることでその後の柔法でも有利に振る舞えます。
 柔法は身体のさまざまな部位を掴まれた際の脱出法である抜き技や関節の逆を捕るなどして相手を制圧する技術です。柔法は主に相手に接触してからの技術です。相手を制圧する技術が多くありますが、その過程において人体の仕組みや人間の反応を学ぶことで、自分と他者の身体のことを学ぶことにも適しています。これは健康な身体を養う上でとても役に立ちます。
 少林寺拳法は殺人拳ではなく活人拳を目標とし、その技術は我が身を護ったり人を援けるために構成されています。その為、皮膚を破ったり関節を逆に攻めるような技は行わず、傷を負わせる技術もありません。武器術もありますが、殺傷しやすい刃物は使いません。

整法

 人間の身体は日々変化しています。これを調節することは日常の健康だけでなく、武芸の上達には必須の技術です。簡単な調節でも日々行えば大きな差がでます。身体を整えることで、どれほどパフォーマンスに差が出るのか、どのような状態が整っているのか、そういったものを少林寺拳法を通して学ぶことができます。思い通りに動く身体を目指しましょう。
 以上、剛法・柔法・整法などを通して、格闘の術だけではなく、どのようなすれば力が出せるのか、どのようにすれば力が相手に通るのか等を学びます。

武器術

 少林寺拳法では主に、錫杖(6尺棒)、半棒(4尺棒)、如意棒(短棒)、独古など棒術に使い技術があります。これらは徒手の身体使いと同じものですので、横浜大六天道院では、主に身体作りや鍛錬のために用います。
 道院長笹本は、以前より大会などで単独の錫杖演武をよく行ってきました。

鎮魂行

 少林寺拳法は、健康な肉体と健全な精神とのバランスのとれた自己を確立するための身心一如の修行法です。拳技の練磨(易筋行)と精神を脩めるための鎮魂行は切り離すことの出来はないものです。
 背筋を正した正しい姿勢で、教典の唱和と瞑目、調息を行います。稽古に入る前に静かに坐ると、心がとても落ち着き修練にも身が入ります。また少年部は年を追うごとに静に坐れるようになる様は、ひとつの成長を感じられる楽しみの一つでもあります。

乱捕りについて

 相手との間合いや技や動作の連絡変化を学ぶためには自由攻防を伴った乱捕り稽古が有効です。

 テーマや目標を明確に設定すれば、怪我も少なく楽しみながら段階的な自由攻防が楽しめます。剛法乱捕りや柔法乱捕りはもちろんのこと、剛柔一体の乱捕りもやります。ボクシングルールやフルコンルールも大変優れたルールですし、グランド(寝技)や道衣なしもまた一興です。様々なルールを実際に体験していくことで、より少林寺拳法の楽しさや奥深さが実感していただけると思います。
 強要することやしごきのようなことは行いません。また年齢に応じて行います。少林寺拳法は互いに伸びることを目指しています。それは乱捕りでも同様であり、ゲームをするように楽しい、あくまで「楽しい乱捕り」を目指しています。

注意1 少年部は顔面の攻防は絶対に許可しません。首の筋力や歯が生え変わっている顎の骨格、脳への影響等を考え、全くおすすめできません。

注意2 各種防具は基本的には装着しますが、時には防具なしの乱捕りも段階に応じて行います。しかしどのルールにおいてもマウスピースは必須です。

古典

 横浜大六天道院では少林寺拳法の正規カリュラムに加えて、少年部には四書五経や著名な古典などを補助教材として用います。論語の素読なども今後行いたいと思います。

tel電話でご連絡

Lineでご連絡

メールでご連絡